読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒歴史現在完了進行中(仮)

やることなすこと黒歴史

ハローグッドバイ

仕事を辞めた。

といっても、もう2ヶ月前の10月末のことだ。
翌月に年一回のボーナスが出るという通知が出たばかりの頃だった。
今にして思えば、随分勿体なことをしたように思うけれど、
その時は辞めることができた安心感と高揚感で胸がいっぱいだった。

しかし、夢にまで見た時間に余裕のある暮らしというのも、
現実になってしまえば、まあなんというか空虚なもので、
いつでもなんでもできるという安心感はほとんどの人にとっては
怠惰にしかならないということを気付かされてしまった。

そういえば僕はどちらかというと怠け者寄りの生き物で、
高校や大学では毎年進級間際に帳尻を合わせていたなあ、なんてことを思い出す。
サラリーマンという皮を被って、ルーチンワークをこなしていれば、
それっぽく見えるけれど、結局のところ人間、根の部分はあんまり変わらなかったりする。


そういうわけで、実家に転がりこんで、就活もほぼしないで、
布団の上でパソコンやゲーム、本を読んだりというダラダラ生活を
2ヶ月ほど過ごしたところでさすがに飽きてきた。
これはしっかりしなければ、と一念発起して
筋トレやら動画制作やらを開始してみるけれど、さっぱり続かない。
どうも妙な完璧主義というのは継続にはあまり向かないらしい。
結局何か理由を付けて、だらだらと先延ばしにしてしまうのだ。

そこでブログである。
インターネットというのは恐ろしいもので、こうして放り投げられた文章というのも
意外と人の目にとまったりする。
そう、男は多かれ少なかれ、見栄っ張りである。
人前に出れば、いい恰好したがる生き物だ。

ともすれば、全世界の誰が見ているかわからないものであれば、なおさらのこと、
きちんとしたなりでいようとするだろうという安易な発想である。
だから内容はともあれ、ひとまず毎日(に近い頻度)で書き続けるというのが
細かいクオリティ云々よりも大事なことなのだ。

だから

文体もコロコロと変わっても
内容もバラバラでも
情緒が不安定でも
ちっとも面白くなくても

さしたる問題ではない。継続は力なりなのだ。


本心としては

文体は統一したい
内容も統一したい
情緒は安定していたい
めちゃくちゃ面白くしたい

というところではあるが、そう言い切るのも先人を顧みるに
ハードルとしてはいささか高い。


だからひとまずは

一か月続ける

という目標を持ってこのブログを始めようと思う。

想定していた文章とは全く異なるものになってしまったから、
タイトルと内容の統一性が全く取れていないわけだが、
ここは致し方がない。

なんにせよ、大事なことは

続けること

なのだ。

それを心に刻みつけ、このブログを始めようと思う。
それではまたあした。