黒歴史現在完了進行中(仮)

やることなすこと黒歴史

夢の国出口はこちらです

高層ビルが乱立し、昼ごろになるとキラキラという擬音がいかにも聞こえてきそうなOLたちが集う東京丸の内
そのお膝元にどかんと座るのが、かの東京駅である。
渋谷、新宿、池袋と比べるとイマイチその重要性は語られないところであるが、新幹線をはじめとする鉄道で移動するものにとっては、中央線、京浜東北線、山手線など都内主要の路線のほぼすべてを網羅する東京駅というのは重要な拠点といっても過言ではない。さらにいえば、土産物店の多さにおいて関東近辺におけるどの駅よりも充実度が高く、さらに駅ナカには数多くの飲食店が存在する。
まさに首都圏最大の鉄道駅である。



そんな広大な東京駅において迫害を受けている路線はいくつかあるが、その中でも特筆すべきものがある。この図を見ていただければ、一目瞭然だろう。

f:id:kuku081:20160124230028g:plain

画面の右側に一部だけ独立しているかのように見える路線があるのがおわかりだろうか。

そう。かの有名な京葉線である。

京葉線といえば、武蔵野線とならび電車が止まりやすいことで有名な悪名高い路線である。この路線の特徴としては葛西臨海公園や幕張メッセ、IKEAなど千葉近辺の主要観光スポットを多く持っているというものがある。しかし、多くの観光客をユーザーにするにもかかわらず東京駅における他路線との距離の長さはユーザーからのクレームが多く、yahoo路線の乗り換え時間では全然間に合わない、などの被害が数多く聞かれる。この手のクレームは他のハブ駅において多く聞かれるが、多くは駅の広さに関するものが多く、乗り換えの際の不便さに関してはあまり聞かない。上記の路線図に見受けられるようにここまで極端に隔離されている例は稀有といって構わないだろう。

そしてその異空間性をさらに高めているのが、「東京都」舞浜にある、とあるアミューズメントパークの存在である。ここの存在に関してはもはや語るべくもないが、一般に夢の国と称され、女子中高生やカップルをはじめとして、地方教育機関の修学旅行では必ずと言っていいほどリクエストが殺到する「都市」である。その異常さに関して語るとするならば、上記にあげたように京葉線には数多くの商業施設が存在するわけであるが、そのうちの大多数を占めるのが、この「夢の国」の来場者だ。通勤ラッシュ時の車内はサラリーマンたちが殺伐とした空気を醸し出しているわけであるが、その中にほんわかとした空気を持った人間がいたらそれは間違いなくそこの来場者である。

さて、このアミューズメントパークには様々な伝説が跋扈しているわけであるが、どれも非常にいぶかしいものである。たとえば場内で窃盗を犯した者が退出した瞬間に逮捕されたりだとか、清掃員が集めているのは星の屑だとか全く持って信用ならないわけである。
しかし、僕はこの施設において、ある懸念を抱いている。それは上にあげたような眉唾なものではなく、この目で実際に見たものであるから、信用度も高いだろう。もしこれを見ている人にあそこに行く予定がある人はぜひ注意してほしい。

その懸念というのはあの施設に行った数割かは人体実験を受けているのではないか、というものである。その根拠はいくつかある。まず一つに車内に「ディズニーマタイキタイ」などと口走る、耳をはやした人間が数多く存在することだ。二つ目は凶暴と称される動物のぬいぐるみを子供のように抱きかかえた人間も数多く見受けられることである。これらは特にカップルに多く見受けられるため、そうした彼らが今後のマーケティング調査のために秘密裏に呼び出され、裏で何がしかの操作をされている可能性すらある。また服装がやたらパステルでファンシーな水玉模様の人間や、ネズミの顔の書かれた服を着た人間も数多く存在していることが発見されているため、何らかの方法で衣服を取り替えさせ、場外でも着続けさせることで、その施設の広告塔をさせている可能性が高い。

こうした彼らによって、夜の京葉線がジャックされることはもはや想像に難くないことはおわかりだろう。しかしこれらの最大の恐怖はここではない。

そう。東京駅の京葉線から乗り換え口である。

冒頭でお話ししたように東京駅での京葉線から他路線への乗り換えの距離は非常に長い。距離にして600m近くあると言われている。そのため、歩く歩道が配備されているのであるが、ここすらジャックされてしまうのである。もし仮にあなたが京葉線ユーザーだとして想像していただきたい。疲れ切った帰り道、ただでさえ距離の長さにうんざりしているところに目的地と思しき場所からわらわらと耳がはえた人間が歩いてくるのだ。しかも大量に。家に帰るはずのつもりだったあなたは自分がどこに帰るのか、どこに向かっているのか、ひどく混乱することだろう。現実と夢の境界線はおそらくどんどんとぼやけていくのだ。そうした幻覚に見舞われながらも我々京葉線ユーザーは毎日帰路につくわけである。これが恐怖以外の何と呼べばいいだろう。

さて、そんな恐怖を潜り抜け、下りの電車に乗れば一安心である。車内には休日出勤のつかれたサラリーマンか、ぐでんぐでんの酔っぱらいくらいだ。彼らとはこの恐怖を乗り越えた同志として一晩中でも語り合いたいところではあるのだが、残念ながら僕にも彼らにも帰る家がある。そこは涙を呑んで、その高揚感をひとり車内でゆっくりとかみしめるのだ。

そしてようようやっと家についた我々はふと思うわけである。
耳を付けた彼らははたしてどこでそれを外すのだろうか。
しかしまたそれは別の話である。