黒歴史現在完了進行中(仮)

やることなすこと黒歴史

痺れる身体、震える心

二十数年間生きてきて、これだけはと胸を張って言い切れるのは、
僕は小心者だということだ。
とにかく昔からハートの弱さには定評があって、
勝負所でへたれてしまう。
そのくせ、変に打たれ強いところがあるのと、
調子に乗った時の鬱陶しさが天下一品なこともあり、
ことあるたびにオラオラ系の年上の方々に
いろいろと「かわいがって」いただいていた。
その度にひいぃぃと震え上がっていたものだ。

この年にもなると、ようやくそういうアレには
少しばかり耐性がついてきたものの、相変わらず慣れないものがいくつかあって、
そのうちの一つが体の不調だ。
とにかく原因不明なのが、怖くて仕方がない。
さらにメディアも病気じゃないか、みたいなことを煽ったりするから、
調べれば調べるほど、恐怖は増大する。
その結果、半ば大したことはないだろうと思いながらも、
安心料として、病院に行くわけだ。
まんまと不安マーケティングに載せられている。

でも仕方ないじゃん。やっぱり怖いじゃん?
何にもないなら、それが一番じゃん。

いくら頭でっかちになったとしても、増幅させられた感情にはやっぱり勝てない。
上手い商法である。

まあ穿った見方をしてみたものの、
自分だけが大病にかからないなどという根拠もなく、
ならば、と定期的な健診や普段の生活を見直してみるいい機会ではないかと思うわけである。
たぶん治らない気もするのだが。

さて、今回はというと。
体の痺れである。右半身が痺れている。
数日前からその予兆はあったものの、放っておいたら終日びりびりと痺れている。
実に厄介である。面倒だなあ、と思いつつも、パソコンを開いたのが運の尽き。
でるわでるわの怖い話。
脳梗塞なんて聞いた日には若干青ざめてしまうわけで。
そういえば激務で倒れて死んだ人の話なんていうのもよく聞くわけで。
そうなると徐々にあふれた恐怖がしびれを増大させてくる。
いや単なる血行障害とかでしょう、なんて思うけれど、あれ、そういえば最近頭痛がひどかったような、
なんて、定かではない記憶まで引っ張り出してくるわけだ。
このあたりで若干の恐慌状態。完全にギブアップ。

ということで明日は病院に行ってきて、
何ごともなかったことを聞いて、また元の生活習慣に戻るわけだ。
なんという愛すべき日常。
小心者にとって、ちょっとした病気は日常のありがたみを感じさせてくれるものだね。