黒歴史現在完了進行中(仮)

やることなすこと黒歴史

甘いものを食べながら飲むビールは最高

晩酌のために買うおつまみは基本的にしょっぱいもの、というか基本的におせんべいなのだけれど、ちょっとしたアクセントとして甘いものをつまみに発泡酒を飲んだらこれがまたおいしくて驚いた。しかし夜中に飲む酒と甘いものというのは美容はもちろん健康にも最悪なのだけれど、だからこそおいしいと感じてしまうのかもしれない。この感動が、本当に酒と甘いもののマッチングによるものなのか、想定していない組み合わせによる驚きなのか、ただ単に甘いものを食べながら酔っぱらう行為に恍惚を覚えたからなのかは知らない。単純に別物として食べたほうがよいという説もあるが、そちらに関しても特に触れる気もない。
あまりにもタイトルの語呂がよかったから、勢いで書きだしたはいいものの、あまり書くことがない。僕は基本的に書き始めたら勢いでどんなネタでも書けるものだと思っていたのだけど、意外とそうでもないらしい。むしろトピックを決めると話題に困ってしまう節すらある。一つのことを書き続けるというのは存外難しいものだ。だからこうして話をずらしてそらしてごまかしている。そもそも会話というのがそういうもので常にトピックというのは揺れ動いている。女性の会話なんて聞いていると面白いもので、3分経ったら、元の話題がなんだったのかわからなくなることなんてしばしば。そういえば、というのは魔法の言葉だと個人的には思っている。しかし会話において、ポイントがぶれていくのはお互いの思惑諸々があるわけだから、まあわからないでもないが、どうして一人でダラダラと書いていく中で、話題がコロコロ変わるのかと言うと、それは単純にマジカルバナナ的な現象だと思われる。マジカルバナナと言って、わかる人が正直なところ、どの程度いるのかわからなくて、これがジェネレーションギャップかと一人で腑に落ちてしまったのだけれど、一応わからない人のために説明すると、連想ゲームである。たとえば、バナナと言って連想できるのは黄色で、黄色からピカチューという風にどんどんと言葉をつないでいく。これと同じことが頭の中で起こっているのである。人それぞれ言葉にはイメージを持っていて、それが移り変わっていく。そして飛躍することもあって、バナナから黄色、黄色からピカチュー、ピカチューからポケモンとなっていくわけだが、これがバナナからピカチューに飛んで行ってしまうことがあるわけで、大抵そういう人は電波だとかなんとか言われて悲しそうなことになってしまうわけだ。逆に言うなら、その連想ゲームさえ、上手くできれば会話やらなにやらはうまくいくわけで、以前wikipediaを見ながら会話をしたことがあったけれど、リンクを飛んで飛んでとどんどん話題が切り替わっていくからキリがなくて困ってしまった。会話の続かない男性同士には結構おすすめである。という風に3分経って元の会話がわからない女性のように冒頭の書き出しからはてんで想像もつかない内容になってしまった。こういう文章はテンポはいいものの、脈絡がないから、読みやすいという風に感じる人もいれば、悪文だとわめきたてる人もいる。これは文章に対する考え方の違いだから、もはや分かりあうことはできないだろう。好みだからほっとけばいいのである。
このように段落を変えれば、文章の転換ができて、好ましい感じがするのだけれど、卑怯なように思えてしまうし、それこそ脈略がないから読み手は困ってしまうだろう。爆発オチとか夢オチが嫌われるのはこうした経緯からだと思われる。ともすれば、僕もそのようなことはしないようにと思っているのだけれど、そのしょーもなさが返っていとおしく思えることもあるのではないか、と都合の良いことを考えるわけで、それも酸いも甘いも噛みしめた大人だからこその深みだと思われる。何が言いたかったのかと言うと、上手いことまとめようとして失敗したというだけの話だ。落語家ってすごいよね。